« 水戸も雪になりました | トップページ | お財布を変えてみた »

2013年1月15日 (火)

映画「レ・ミゼラブル」を観てきました

13日に「レ・ミゼラブル」を観てきました。

ミュージカルは観た事無くても曲を耳にした事がある。

あらすじは大体知ってる。

日本でも毎年ミュージカル公演行われてる。

翻訳された原作「ああ、無情」は小学校の時に読んだけどイマイチ良く飲み込めなかった。

(小公女の方が好きだった)

そして、この映画がとっても楽しみだった。

1
出演者が豪華で実際吹き替えなしで歌を歌ってるって。

期待100%で行ってきましたよ~

Img_0471
上映時間157分あっという間でした。

切ない切ない話でした。

一番胸に刺さったのはジャン・バルジャンがコゼットを引き取って

ジャベールから逃げながら馬車の中で眠るコゼットの髪をなでながら

「希望を生きがいをみつけた」と歌うところです。

2

家族を持たなかったジャン・バルジャンが初めて愛する対象を得た。

愛って切ないですね~。難しいんだなあ~。

ラストは号泣でしたね~。

もう一度観たい映画です。

ゴールデン・グローブ賞3部門受賞おめでとうございます。

自分の事のように嬉しいです。

ダーリン☆☆☆☆

私    ☆☆☆☆☆

« 水戸も雪になりました | トップページ | お財布を変えてみた »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
観て来たんですね!
わおー、良い評価です。
その曲は、ミュージカルには、使用されていないものでした。
みなさん、それぞれに好きな曲、心に残る曲は、様々ですよね。
もう一回、スクリーンで観たいなーと思ってます。

こんにちは!観てきたんですね!
birdyさん舞台ではない曲を選曲するなんてお目が高い!
舞台では何回?何百回くらい観ていたのですが
今回映画で初めて不覚にも泣いてしまいました!
もう一度観たいな♪と思う映画でしたー。

はまさん こんにちは~

観てきましたよ~。とっても良い映画でしたね~。

日曜日の夜に観に行ってきたのですが、
その日の夜、夢の中でも次の日の雪の中でも、
ずっとレ・ミゼラブルの曲が頭の中で鳴っていました。

コゼットと逃げる時の曲は舞台では歌われていないんですか?
そうなんだ~
意外ですね~。
舞台の映画版と聞いていたから全部使われている曲なのかと思っていました。
とても印象に残る素敵な場面でしたね~。

私にとってのコゼットは、我が家の天使達です。
精いっぱいの愛情を注いで行きたい。
かけがえのない存在なのだ。
そうなのだ~。
私の生きがいで希望なのだ~!♪

エポニーヌも可哀想だったな~。

ラッセル・クロウのジャベールも良かったですね。
あんな顔して歌が旨かったんだな~。
いつも高い場所の縁を歩いていて危ないじゃん!って注意してあげたかったです。
悩みの中で苦しんでいたんですね。

もう一度観に行きたい映画です。

くまさん こんにちは~

くまさんは舞台を何度も観ているんですね。
生の舞台はまた格段と迫力があるのでしょうね~。
あの、映画の雰囲気を舞台でどう表現しているのか
観てみたくなりました。

コゼットと逃げる時の曲は舞台で使われていないんですか。
とっても意外でした。
ジャン・バルジャンの気持ちを表現している、複雑な心情をとっても上手に
曲にしていて、
私はこの時、我が家の天使達を思って涙が止まりませんでした。
「希望を、生きがいを得た。自分をこんなにも頼っている。」って。
愛って切ないですね~。

私も舞台を観に行きたくなりましたよ~。

日本のジャン・バルジャンは誰がやるのかな~。

はあ~。思いだしたらまた、頭の中がレ・ミゼラブルです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水戸も雪になりました | トップページ | お財布を変えてみた »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ