« 0655と2355 NHKのスキマ番組が好き | トップページ | 桜のトンネル観に行ってきました。茨城県庁 »

2013年3月11日 (月)

栗の木をいただきました。何故か地上1m。

今年は何故か栗の木をたくさんいただきます。

近所の道路拡張工事に引っかかる為伐採された栗の木をいただいたのを皮切りに、

あちらこちらで栗の木を伐採していて、

「薪にあげるよ~」って声をかけていただいたのも、栗でした。

実は茨城県は栗の生産量日本一なのだ。

すっごく控えめにアピールしています。

長野県の小布施が有名だけど、日本一は茨城の笠間市なのだ!

栗はとっても手がかかるらしいです。

農家はどこも若い世代が継がなくなってきていて、栗の木の世話を継続する事が

難しくなって来ているらしいです。

伐採される木も増えているようです。残念です。

今回の栗林はこんな感じ。

Image2
Image1
Image3
たくさんあります。これでしばらくは薪探ししなくても良さそうです。

何年分くらいあるのかな~。

ここで一つ質問です。

知っている人がいたら教えてください。

この栗の木、(ここだけではなく、他の場所でも)

地上1mの高さから伐採されているのですが、何故なんでしょうか。

根元から切るわけではなく、地上1m当たりで切り倒されています。

なんで?不思議なんですが、どこの栗の畑もみなこんな風に切られています。

何か理由があるのでしょうが、誰か知っている人がいたら教えて欲しいです。

何故なんだ?

« 0655と2355 NHKのスキマ番組が好き | トップページ | 桜のトンネル観に行ってきました。茨城県庁 »

薪ストーブ」カテゴリの記事

コメント

うーん
知らないな~
知っているのは栗の木は割やすいってこと
「あれ、薪割りがうまくなっちゃたのかな」
と、思うくらい簡単!

ケツが青かった頃を思い出します・・・

黒でんわさん こんにちは~

黒でんわさんでも何故地上1mなのかは不明なのですね~。

栗の木は割りやすいですか?
そうなんだ。

私自分で割った事ないので良く解らないのですが、
楽なら仕事もはかどりますね。

栗は堅いけど虫もたくさん入っていますね。
悲鳴を上げる事しばしばあります。

果樹は仕方ないのかな~。

わかりませんが、土砂流出を防いでいるのでは???

雨が降った時にしっかり根が張っている部分が残っていると、
地面が崩れないと推測します。

ラムパパさん こんにちは~

お返事が遅くなって申し訳ありません。

この1m残して切るという事の理由を聞いてきましたよ~。

この高さで切るのは、整地をするために伐根作業をする為だそうです。

根元から切るのは、作業時の負担も大きく、
重機や車両が入った時に
根っこがわかりにくい為に乗り上げたり、ハマったりと
事故が起きる可能性があるので、
車両からも見えやすい1m位の高さで伐採する事になっているようです。
このように高さもあると、伐根する時にユンボでゆすって根っこを起こすのも
楽だそうです。

この切り方だと、腐るのも早いらしいです。

という理由でした。

理由を聞けば「なるほど~~」って思いますよね。

材木にするなら根元から伐採するらしいですが、
伐根・整地するためだけなら、このような切り方が有効らしいです。

この栗の林は近々メガソーラー発電所になる予定です。

何回考えても分かりませんでした。(笑)

しかし伐根が大変な作業なんで、納得。
ということはその後にもう一回、1mの玉切りが200本回収できるという事ですよ!

クリは乾燥も早いし、そこそこ火持ち良いし。
爆ぜる音も良いし。
私は好きな木です。
貰い得な木ですよぅ!!

そうでしたかー(笑)
色々あるんですねー。

勉強になりました!

うさぎさん 始めまして
我が家のつたないブログの記事で、
真剣に考えていただいたようで、申し訳ありませんでした。

回答は上記のような事でしたよ~。

昨日この現場へ行ったらもう伐根作業は終わっていました。
私にはなんだか残念な風景に見えてしまいました。

ラムパパさん こんにちは~

作業をする時に安全を考えるとこの方法は理にかなっているのですね。

私も話を聞いてなるほど~って感心しちゃいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 0655と2355 NHKのスキマ番組が好き | トップページ | 桜のトンネル観に行ってきました。茨城県庁 »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ